サウナの効果10選!効果を高める入り方とは?

ここ数年、サウナブームが来ています。

なぜこれほどまでのブームになっているのでしょうか。それは、多くの人がサウナの効果を実感しているからです。

この記事では、サウナに入ることで得られる効果や効果を高めるサウナの入り方を紹介していきます。

\34%OFFキャンペーン中&コード【SAUNA2000】で更に2,000円OFF/

おうちDEサウナ
目次

サウナの効果

ここからは、サウナの効果についてそれぞれ解説していきます。

睡眠の質が改善する

人は、ノンレム睡眠(深い睡眠)とレム睡眠(浅い睡眠)を約90分の周期で繰り返しています。

ノンレム睡眠は、脳や肉体の疲労回復のために重要で、「たくさん寝てるのに寝たりない」人は、ノンレム睡眠の時間が短いと考えらます。

就寝してから最初の周期が最もノンレム睡眠が多く、後半の周期になるとレム睡眠の割合が増えていきます。

サウナに入ると、ノンレム睡眠の時間が約2倍になるという報告もあります。

睡眠時間を長くしてもレム睡眠の時間が長くなるだけで、ノンレム睡眠の時間はほとんど変わりません。短い睡眠時間でもサウナに入ることが良質な睡眠につながるのです。

肌が綺麗になる

サウナで汗をかくことで皮脂などの老廃物が洗い流され、毛穴の詰まりや角栓を改善できます。

入浴では顔まで浸かることができないので顔は温められませんが、サウナは顔まで温められます。

血流が良くなるので、肌の新陳代謝も促されます。

もっと肌をスベスベにしたい人は塩サウナに入ると、より肌のスベスベ感を実感できるので塩サウナがあったら入ることをおすすめします。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://saunabook.jp/salt-sauna target=]

サウナから出た後は、肌が乾燥している状態なので化粧水や乳液で保湿することを忘れないようにしましょう。

脳がスッキリする

現代人は、仕事やプライベートなどが忙しく、空き時間はスマホなど常に頭が動いている状態です。

サウナ室内は人間にとって過酷な環境なので、生存本能として余計なことを考えられず、強制的に思考を停止させられます。

これは一種の瞑想状態のようなもので、脳がスッキリしたり頭の疲れを予防する効果が得られます。

体の重さ・肩こり・眼精疲労が改善する

サウナの温熱効果により、凝り固まった筋肉がほぐれたり、血行促進作用があります。

血流は疲労物質を取り除く役割もあるので、血流促進することで疲れが取れやすくなります。

五感が敏感になる

サウナに入ると、感覚が研ぎ澄まされます。

外気浴でととのっている時、風が肌に当たる感覚や鳥のさえずりや木が揺れる音がいつもよりも敏感に感じられるでしょう。

サウナ後のご飯も美味しく感じます。

これは脳の感覚を司る部位が活性化している証拠なのです。

アイデアや集中力が増す

仕事中にアイデアを考えても煮詰まってしまいますが、散歩中や寝起きのふとした瞬間のリラックスしている時にひらめくことが多いです。

サウナに入ると、リラックスしている時にでる脳波α波が出ます。

また感覚を司る脳の部分でβ波(緊張したときに出る脳波)が出ていることも確認されています。

そのため、「リラックスしているのに感覚が研ぎ澄まされている」状態なのでアイデアがひらめきやすい状態と言えるのです。

代謝がよくなりダイエット効果

サウナに入ると代謝が良くなり、カロリーを消費しやすい体になります。

サウナに入り慣れていない人は、サウナ室に入ってもなかなか汗をかきにくいですが、サウナ慣れしている人は代謝が良いのでサウナ室に入ってすぐに汗をかきはじめます。

またむくみが解消されるのでむくんでいる箇所をスッキリさせられる効果もあります。

ただし、サウナ後のご飯の食べすぎやお酒の飲みすぎには注意しましょう。

体臭改善

加齢臭やワキガなど体臭の原因は汗によるものです。

サウナに入って最初の汗はベタベタと不快な汗が出てきます。このベタベタな汗は、アポクリン腺という部位から出て、体臭の原因となります。

サウナに数回入ると次第に汗がサラサラになってきます。このサラサラな汗は、エクリン腺という部分からデて、成分のほとんどが水です。

クーラーや暖房が効いている部屋ばかりでいると、体温の変化がほとんどないので汗をかく必要がなく、エクリン腺の機能が低下していきます。

サウナに入ることでエクリン腺を刺激して体臭が改善されるようになります。

病気になりにくくなる

サウナに入ると熱でダメージを受けます。そのダメージを修復するために免疫細胞が活性化します。

その結果、免疫力が上がるので風邪をひきにくくなります。

うつ病、アルツハイマー、認知症、心筋梗塞などの予防・症状緩和

サウナには、以下のような様々な症状の緩和や予防に効果があることがわかっています。

  • うつ病
  • 心筋梗塞
  • アルツハイマー
  • 認知症

サウナに週4~7回入る人は、週1回入る人よりも上記の症状が減少したという報告があります。

サウナの効果的な入り方

サウナの効果的な入り方は、以下の流れです。

  1. サウナ(目安6~12分)
  2. 水風呂(目安1~2分)
  3. 外気浴(目安5~10分)
  4. 上記を3セット繰り返す

より詳しい入り方は、以下の記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
サウナの正しい効果的な入り方とは?”ととのう”入り方 「サウナに行ってみたいけど、正しい入り方がわからない」 「ととのうって感覚がいまいちわからない」 そういった人のために、この記事ではサウナの効果的な入り方をは...

よりととのいたい人はこちらの記事も参考にしてみてください。

あわせて読みたい
サウナで”ととのう”とは?効果やととのう入り方まとめ 「ととのうって何?」 「ととのうって感覚がいまいちわからない」 「もっとととのいたい」 そういった人のために、ととのう仕組みや効果、ととのうためのサウナの入り方...

サウナ効果まとめ

サウナの効果について解説してきました。

「サウナが苦手」という人も、これほど多くの効果のあるサウナを実際に体験してみてください。すぐにこの効果を実感できるはずです。

参考書籍:医者が教えるサウナの教科書

\34%OFFキャンペーン中&コード【SAUNA2000】で更に2,000円OFF/

おうちDEサウナ

\レビュー記事はこちら/

おうちDEサウナ レビュー
サウナの効果とは?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次